花嫁のれん スペース

婚約 婚礼 金沢の風習 包む 結び





ホーム  >  婚約  >  結納品の名称

ホワイトバック画像トップ

結納品の名称 Betrothal goods

美しい水引が掛けられた、日本の結納品
贈る心をカタチに表す、日本文化を象徴する「白」、そして「赤」の美しさ
異なる二つの家が、親戚関係を築く為の神聖な贈り物
結納品の基本を、ご紹介致します


結納品の基本

結納品は、帯、酒肴、礼品が基本になります。
帯は、現在では結納金を指し、主にお金を贈りますが、現物を贈ることもあります。
酒肴は、酒宴の際に用いるお酒と酒の肴を指し、するめ、昆布、鰹節、お酒などを現物またはお金で贈ります。
礼品は、相手方への敬意を表すもので、熨斗、末広、友白髪などを現物で贈ります。

結納品の名称と意味

結納品の呼び方、品物は、地方によって異なります。
各地方の風習にあった名称、品物をご用意下さい。また、結納品は、品物を現物で贈る場合と、お金で贈る場合がありますので、事前に相手方、または地元の方などにご確認下さい。


熨斗(のし)、 長熨斗(ながのし)、 納幣熨斗(のうへいのし)

 アワビを熨したもので、昔は慶事の酒肴として用いられた貴重品で、なまものを象徴します。長く熨されていることから、長寿を表します。


寿恵廣(すえひろ)、 末広(すえひろ)、 寿栄廣(すえひろ)

 白無地の扇子一対。白は純真無垢な心を表し、白扇を一対で贈ることで、夫婦の末広がりな繁栄を象徴しています。


帯地料(おびじりょう)、 小袖料(こそでりょう)、 御帯料(おんおびりょう)

宝金(ほうきん)、 金宝(きんぽう)、 御袴料(おんはかまりょう)

 いわゆる結納金です。以前は、着物や帯などの現物で贈ったことから、帯地料、小袖料、御帯料と呼ばれます。女性側が結納返しをする場合は、御袴料としてお返しをします。



家内喜多留(やなぎだる)、 柳樽(やなぎだる)、 角樽(つのだる)

喜多留(きたる)、 清酒料(せいしゅりょう)

 柳樽とは、お酒を入れていた酒樽で、一家の幸せを表します。正式にはお酒を一対で贈りますが、現在は現物より、お金を入れることが多く見られます。


松魚料(まつうおりょう)、 勝男節(かつおぶし)、 勝男武士(かつおぶし)

 勝男武士のあて字からも解るように、以前は戦に勝つ魚として鰹が武家の間で珍重され、現在は鰹節が慶事に用いられるようになりました。松魚の場合は、一対の鯛を贈る事もあります。


寿留女(するめ)

 日干しにしたスルメは、長く持ち、噛めば噛むほど味がすることから、女性を誉める対象とされます。結納の際には、欠かせない酒肴です。



子生婦(こんぶ)

 昆布は、よろこぶに通じ、おめでたい品として贈られます。子生婦のあて字は、子宝に恵まれるようにと言う願いが込められています。


友白髪(ともしらが)、 共白髪(ともしらが)

 夫婦が「共に白髪になるまで仲良く暮らせますように」という意味で、長寿と健康を象徴しています。


目録(もくろく)、 茂久録(もくろく)

 目録には、結納品のまさに目録が書かれます。結納品やその他をお金で贈る場合も、金額を書くのではなく、壱封などと記し、結納品に添えられます。目録が添えられた場合は、受書が返されます。



高砂人形(たかさごにんぎょう)

 関西式で用いられる木製彩色の尉(じょう)と姥(うば)の老夫婦の人形です。生涯、夫婦揃って仲良く暮らせますようにと言う意味で、夫婦円満と長寿を象徴します。


優美和(ゆびわ)、 結美和(ゆびわ)、 結美環(ゆびわ)

 江戸時代以前はもちろんありませんでしたが、明治頃から現れたもので、エンゲージリングの事です。指輪を優美和とあて字をして表記します。

金沢の結納
金沢の結納品

キャラ説明 ご注意
結納品の表記、数、品目は、地方により異なります。ここでは全国的な平均として取り上げています。金沢の結納品については、別途取り上げていますが、各地方の結納品に付きましては、記述致しておりませんのでご了承下さい。
また、婿養子の場合は、女性側が結納品を贈りますので、事象にご注意下さい。


ドットライン

→ 前のページへ戻る 次のページへ進む →


結納 結納品 結納品の名称 日取り 六曜
ホワイトバック画像ボトム


Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.