花嫁のれん スペース

婚約 婚礼 金沢の風習 包む 結び





ホーム  >  金沢の風習  >  金沢の結納

ホワイトバック画像トップ

金沢の結納 Custom of Yuinou

家のお付き合いを大切にする町、金沢
異なる二つの家が、新たな親戚関係を結ぶ儀式
礼を重んじる金沢の結納を、ご紹介致します


今の残る伝統的な結納

以前は、集落内で結婚することが多かった為、事細かな慣習がありましたが、現在は全く違う土地の二人が結婚することが多くなり、全ての慣習を行うことは少なくなりました。ですが地方の慣習として、一般的に今も残っていますので、現在も形を変えつつ行われています。
風習は地方地方によって、かなりの差があります。近い地区でも隣町では風習が違うと言うことも多々あります。
また家により考え方や、規模が異なりますので、必要の際は必ず婚家の風習をご確認下さい。

結納全般の流れ

袂酒(たもとざけ)
両親が初めて席を同じくする場。仮結納とも言い、結納について話し合う。

本酒
結納や、婚礼についての具体的な話をする。

結納
女性宅に、男性側が結納品を持参し、祝宴を行う。

結納返し
荷物送りの日(または挙式当日)に、結納返しを行う。


金沢の結納

以前は、集落内で結婚することが多かった為、事細かな慣習がありましたが、現在は全く違う土地の二人が結婚することが多くなり、全ての慣習を行うことは少なくなりました。ですが地方の慣習として、一般的に今も残っていますので、現在も形を変えつつ行われています。
風習は地方地方によって、かなりの差があります。近い地区でも隣町では風習が違うと言うことも多々あります。
また家により考え方や、規模が異なりますので、必要の際は必ず婚家の風習をご確認下さい。


袂酒(たもとざけ)

お見合いが主流だった時代に、婚約承諾の正式な返事を確認する為、男性側と仲介者が、一升の樽酒と半紙で包んだするめを持って女性宅を訪ねた事に由来します。
「たもと酒」とは、女性側が気が変わり、婚約を断ってきた場合を考えて、着物のたもとに隠して参上した事から、この名前が付いたと言われています。
両家の正式な顔合わせの儀式で、婚約の日取りを話し合う席です。

別名で、「仮結納」、「一升酒」、「手打酒」とも言います。



本酒(ほんざけ)

女性宅で、両家と仲介者が三組のカワラケ(素焼きの器)で、冷酒を飲み、次に三重ねの朱塗りの盃で燗酒を飲み、婚礼の具体的な日取りや、金銭等を決める儀式です。
両家の二度目の顔合わせになり、まずお酒を飲んでお互いの緊張を解き、婚礼の具体的な内容を話し合う席です。

富山では、「決まり酒」、「たる入れ」と言います。

アドバイス
締酒(しめざけ)と言う地域もありますが、締酒は袂酒を指す地域もありますので、ご注意下さい。



結納品

金沢では結納品は、九品が基本になります。
長熨斗(ながのし)、家内喜多留(やなぎだる、赤樽)、御帯料(結納金)、寿恵廣(すえひろ)、寿留女(するめ)、優美和(ゆびわ)、御紋付(留袖など)、子生婦(こんぶ)、友白髪(ともしらが)の九品に、茂久録(もくろく)、家族書、親族書を添えます。

ですが、「仏壇参り」などの儀式を重視する所ですので、仏壇にお供えする「御仏前」と、神棚にお供えする「御神前」を用意します。これで十一品になります。

この他に北陸では、家族、親族への「お土産」を付けます。
「お土産」は、男系には洋服類、女系にはバック等の装飾類、親戚には毛布や商品券になり、「お土産品目録」も付けます。



結納返し

結納返しは「道具運び(または結婚式当日)」の際に、男性宅で結納時の様に行い、贈られた結納品と同等(結納金、指輪を除く)の品に贈られた水引を締め直したものと、お土産をお返しします。また、するめ十枚、お酒二升、神棚仏壇のお供え、お土産(贈られたものと同等のもの)をお返しすることも多くあります。

結納金のお返しは、通常「結納返しは、半返し」と言われ、結納金の半額を返しますが、金沢では、現金でのお返しはしません。

結納品としては同等にはなりませんが、北陸では結納金は嫁入り支度の為に贈られ、道具運びの日に結納返しを含めて嫁入り道具を持参します。土地柄や家により考え方は異なりますが、結納返しは、贈られたお土産、ご先祖へのお供え、酒肴をお返しすると考えます。

結納品が少ない代わりに女性側は、嫁入り道具として、現在も喪服、黒留、色留、色無地、訪問着などの着物、箪笥三竿、嫁ぎ先のご近所へお配りする生菓子や、花嫁のれん、お重、袱紗、風呂敷、座布団などを用意することが多くあります。



荷物送り(道具運び、道具入れ)

道具入れは、挙式の一週間ほど前の吉日の午前中、もしくは挙式当日に行われます。
新婦の親戚から「荷宰領(にさいりょう)」と呼ばれる披露宴に招待してない男性を立て、当日までに花嫁宅に用意されたお道具を婚家(新居)へ運びます。
金沢ではこの道具入れの際に、結納返しが一般的に行われます。

運搬車に道具を積む際には、鏡台、衣桁、花嫁のれんを一番最後に積み込み、婚家に到着したら、最初に「花嫁のれん」を下ろし、婚家に掛けてから道具入れを行います。
嫁入り道具を載せた運搬車は、何があっても後戻り(バック)することは許されませんので、事前に婚家までの道順を調べておきます。細い道で対向車と向かい合わせとなった場合は、事情を説明しご祝儀を渡して道を開けてもらいます。

婚家へお道具を運び入れたら、荷宰領を祝い善でもてなし、ご近所にご挨拶として生菓子などを配り荷物送りは終了します。


キャラ説明 ご 注 意
風習につきましては、全員が行っていると言うことではなく、土地柄や、家同士の考え方により異なります。また、双方の話し合いにより、現在風にアレンジを行ったり、全く行わない場合も御座います。一般的にこういう考え方で行われているとご理解され、ご自分達にあった方法を考えられる土台として頂ければ幸いです。


ドットライン

→ 前のページへ戻る 次のページへ進む →


金沢の結納 金沢の婚礼
ホワイトバック画像ボトム


Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.