花嫁のれん スペース

婚約 婚礼 金沢の風習 包む 結び





ホーム  >  婚礼  >  新婦の衣装.2

ホワイトバック画像トップ

新婦の衣装 Wedding dress.2

打掛の裾をそっと持ち上げた、白無垢姿の花嫁
凛とした潔さと共に伝わる、美しい心
積み重ねて来た時間の美しさを感じる瞬間



新婦の正礼装 其の二

黒引き振袖

黒引き振袖は、元来武家の礼装であり、「お引き」、「お引きずり」とも呼ばれ、明治以降の婚礼で一般にも多く着られるようになりました。
最近は、着物を着たいが文金高島田が・・と言われる方に、黒引き振袖が人気です。基本的には文金高島田ですが、打ち掛けのようなボリュームはありませんので、きちんとアップにセットされていれば髪型には特に問題は無く、ウェディングドレスからのお色直しに便利な事も人気の理由です。
柄も、黒地に色模様が良く映え、黒引き振袖の自由で、凛とした自立のイメージが、明治の女性達にも人気だったのでしょう。

黒引き振袖は、明治十年の大政官布告書で、未婚女性の正装が「五つ紋付き黒の本振袖」が正式とされた事から一般に普及し、黒の本振袖を「お引き」に着付けたものが「黒引き振袖」と呼ばれました。現在では紋が入らなくても本振袖は正礼装とされていますので、紋の有無は特に問題視はしません。

新郎の正礼装
新婦の正礼装 .1
和装の格

黒引き振袖


黒振袖

振袖と白無垢が同格というのが不思議に思われるかもしれませんが、振袖には紋が入るのが正式で、立派な正礼装です。現在は入らない事が多いですが、注意して頂きたいのは、袖の長さです。本振袖と呼ばれる袖が120センチの物は正礼装ですが、中振袖、小振袖は準礼装になります。
髪を結わなくても違和感なく着られますので人気がありますが、打掛などと比べると地味に映ります。出席者の中にも振袖を着られる方が多くいらっしゃいますので、その方達よりも華やかにする為に、小物や髪飾りに見栄えのする物を選びます。

新郎の正礼装
新婦の正礼装 .1
和装の格

振袖



新婦の準礼装

新婦の準礼装は、「三つ紋の色留袖、訪問着、色無地」になります。
ですが一般的な礼装の場合であり、花嫁衣装という場合ですと、格が上がりますが「振袖」でも良いでしょう。
これは新郎との見た目のバランスの問題ですが、新郎の準礼装は「三つ紋の羽織袴」になりますので、紋の数以外は正礼装と同じです。ですから格上ですが「振袖」を着られたほうが、両人のバランスが良くなります。


新婦の略礼装

新婦の略礼装は、「一つ紋の色留袖、訪問着、色無地」になります。
通常、婚礼で略礼装をする事はありませんが、新郎新婦の意志で気を張らない雰囲気で行いたい場合のみ、招待客のドレスコードを「平服で」と告知をした場合に略礼装をします。

招待客の方が平服ですから、新郎新婦は略礼装になるのですが、現実的には出席者の方々は「平服」といっても普段着で来られる訳ではありません。
男性でしたらスーツ、女性でしたら若い方の和装ならば振袖で来られる事も普通です。はたまた年輩の方ですと、礼服を着られる場合も充分にあります。「平服」のドレスコードであっても、何ら不思議な事ではありません。きちんと正装して出席するという気持ちの表れです。
ですから新郎新婦もハタ目から見て、誰が新郎新婦であるのか分かる衣装を着ます。

一例ですが、新郎は一つ紋の羽織に仙台平の縞袴を付けて、小物に白を用います。新婦は、一つ紋の色留袖を比翼仕立てにし、花嫁扇子に、白足袋という風にします。正式ではありませんが、小物に白を用いる事で礼装になりますので如何でしょうか。

キャラ説明 平服について
あまり華美にせず、自分達らしい挙式、披露宴を行おうという場合に、「平服で」という言葉が出ることがあります。当人達は「気を張らずに」という考えからですが、実際は「平服」という事が出席者にとってかなりの負担になります。
通常でしたら、悩まずに正礼装、ないしは準礼装で出席すれば失礼でないものが、「平服で」という言葉により、何を着ていけば良いのか非常に悩んでしまいます。

ですから「平服」のドレスコードを用いる場合は、「なぜそうなのか」、「新郎新婦の衣装」、「会場の雰囲気」をドレスコードと共に出席者に伝えて下さい。そうすれば、おおよその基準ができ、何を着ていけば良いのかがイメージしやすくなります。

そして、最も注意しなければいけない事は、双方の親族の衣装を合わせるという事です。片方の親族が正礼装で出席し、片方が平服となりますと双方の関係上あまり宜しくありません。ですから、「必ず」事前にどちらかの意見に合わせて、双方が着ていく衣装の摺り合わせを行って下さい。
婚礼では行わない「平服」というドレスコードを用いるのですから、細心のケアを心がけましょう。


新婦の衣装.1へ戻る



目次 和装の礼装

ドットライン

→ 前のページへ戻る 次のページへ進む →


新郎の衣装 新婦の衣装.1 .2 両親・媒酌人の衣装 男性招待客の衣装
女性招待客の衣装 引出物 三三九度 和装の格
ホワイトバック画像ボトム


Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.