花嫁のれん スペース

婚約 婚礼 金沢の風習 包む 結び





ホーム  >  婚礼  >  両親・媒酌人の衣装

ホワイトバック画像トップ

両親・媒酌人の衣装 Formal dress

ご子息、ご息女の晴れ姿
それは、かつての自分達の姿
時を経て、今は送り出す側
両親、媒酌人として、最も大切な心を伝える姿


挙式・披露宴での両親・媒酌人・媒酌人夫人の衣装

両親の衣装は、新郎新婦の衣装と同格の正礼装です。
ですが新郎新婦は、出席者の目を楽しませる為に華やかに装いますが、両親はその必要はありませんので黒以外の色を着る事はありません。ましてご挨拶もするでしょうから、第一正礼装でなければなりません。

媒酌人、夫人の衣装も、両親の衣装に準じて正礼装です。一般的には無いのですが、両親が準礼装の場合(媒酌人を立てる場合は、基本的に正礼装です)も、媒酌人、夫人は高砂に上がりますので、正礼装とお考え下さい。
また、新郎新婦とのバランスも重要ですので、事前に新郎新婦がどの様なものを着るのかを確認して、衣装を決められる事をお薦めします。


父親、媒酌人の正礼装

父親、媒酌人の衣装は、もちろん五つ紋の黒紋付き羽織袴です。
新郎の場合は、同じ正礼装で色紋服を着る事もありますが、父親、媒酌人の場合はありません。
基本的に「家」としての衣装ですから、新郎新婦の衣装に関係なく正礼装です。特に媒酌人を立てられる場合は、例外なく正礼装です。
ただし媒酌人を立てず、新郎新婦がドレスコードを「平服」とした場合のみ、準礼装になる事も例外的にあります。

黒紋付き羽織袴

黒無地羽二重の長着と羽織に、長着、羽織共に背中心、両胸、両外袖の五カ所に染め抜きの日向紋が入ります。長着は、白羽二重の付け比翼仕立て、袴は仙台平の縞袴です。小物は半襟、足袋、扇子、羽織紐、鼻緒全て白一色になります。
父親は喜ばしい日であると共に、出席者の方々に新郎新婦へのご助力をお願いする立場であり、媒酌人は新郎新婦両家の間に入り、結婚の証人となる重要な立場です。両人とも「家」として皆様に対応するのですから、第一正礼装でのお出迎えになります。

母親、媒酌人夫人の正礼装
和装の格

黒紋服


モーニング、燕尾服

男性は洋装であれば、モーニングか、燕尾服を着用します。昼であればモーニングを着用し、白の立襟にモーニングタイ等をします。夜であれば燕尾服(テールコート)に、白の立襟にホワイトタイ等です。

母親、媒酌人夫人の正礼装
和装の格

洋装の正礼装



母親、媒酌人夫人の正礼装

母親、媒酌人夫人の衣装は、五つ紋付きの黒留袖です。
父親、媒酌人は必要に応じて洋装をされる場合もありますが、母親、媒酌人夫人は基本的に和装です。ご親族や、新婦の友人の方達が和装で来られますので、五つ紋付きの黒留め袖でお出迎え致します。
女性の洋装は、ややカジュアルに映ります。洋装は媒酌人を立てず、ドレスコードが「平服」の時以外は、基本的に無いとお考え下さい。
ちなみに洋装は、昼であればアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスになります。

黒留袖

五つ紋の色留袖も同格で正礼装なのですが、来賓の方が色留袖を着られますので、母親、媒酌人夫人は黒留袖を着用します。お母様は落ち着きのある柄を選び、媒酌人夫人は、高砂席に座りますので見栄えのする柄を選びましょう。

父親、媒酌人の正礼装
和装の格

黒留袖

新郎新婦が洋装と和装をしているというのは、「別」を感じさせますのでありませんが、両親、媒酌人の場合は、男性が洋装、女性が和装というのも一般的です。

キャラ説明 媒酌人 、媒酌人夫人様へ
媒酌人は、高砂席で新郎の横に座りますので、新郎が和装をされた場合は、注意が必要です。本来ならば、両人とも和装の正礼装で正しいのですが、ホテルなどのイス座の場合は、黒紋服が二人並ぶと新郎が目立ちませんので、洋装にされた方が良いでしょう。座敷であれば違和感がありませんので、和装の方が美しく映ります。
媒酌人夫人は、花嫁が黒系のお着物を着られても必ず色が入りますので、黒留袖で全く問題ありませんが、高砂席に座りますので、着物の柄や、髪飾りは華やかな物を選びます。



目次 和装の礼装

ドットライン

→ 前のページへ戻る 次のページへ進む →


新郎の衣装 新婦の衣装 両親・媒酌人の衣装 男性招待客の衣装
女性招待客の衣装 引出物 三三九度 和装の格
ホワイトバック画像ボトム


Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.