花嫁のれん スペース

婚約 婚礼 金沢の風習 包む 結び





ホーム  >  婚礼  >  女性招待客の衣装

ホワイトバック画像トップ

女性招待客の衣装 Formal dress female

人生の晴れの舞台に、ご招待される慶び
その心に、礼装をもって答える
招待客の衣装を、ご紹介致します


挙式・披露宴での招待客の衣装

招待客の衣装の格は、男女とも準礼装です。
ですが一般的に、未婚の女性は「正礼装の振袖」を着用します。
これは間違いではなく、女性のお着物姿は艶やかで美しく、会場が華やぎとても喜ばれます。男性は通常黒いスーツを着ますので、華やかさに欠ける為、女性は見栄えの良いお着物を着られて会場に花を添えるのです。これは新郎新婦やご親族の方に対するとても素敵な心配りです。
ですがメインは新婦である事を忘れずに、華やかでも控えめになるように心がけましょう。


女性招待客の準礼装

女性の準礼装は、未婚であるか、既婚であるかで異なります。
結婚前であれば、振袖、訪問着、色無地です。本振袖は正礼装ですが、この場合の振袖は中振袖、小振袖の準礼装のものを着用します。

既婚の女性は、訪問着、色無地、色留袖を着用します。色留袖は、本来黒留袖と同格の正礼装ですが、五つ紋の場合ですので、準礼装の三つ紋の色留袖を着用します。

洋装の場合は、正礼装になってしまいますが、昼であればアフタヌーンドレス、夜であればイブニングドレスか、夕方以降の略礼装であるカクテルドレスを着用します。

振袖

会場が華やかになりますので、本振袖を着られても喜ばれるのですが、華美な装飾は控えましょう。花嫁よりも控えめにがマナーです。

男性招待客の準礼装
和装の格

女性招待客の準礼装 振袖



女性招待客の略礼装

通常、挙式や披露宴にご出席される場合に、略礼装はありませんが、ドレスコードが「平服」という場合のみ略礼装での出席になります。
女性の略礼装は、一つ紋の色留袖、訪問着、色無地などになります。
ですが「平服」とある場合も、振袖をお召しになっても特に問題はありません。「平服」とあっても普段着を着る訳でなく、ドレスコードは「ビジネスフォーマル」と考えますので、和装で言えば「社交着」にあたります。そうすると第一正礼装の五つ紋の黒留袖や色留袖では駄目ですが、それ以外でしたら問題はないという事です。ですが一応「平服」とありますので、華美に飾り立てずに、美しく装いましょう。
洋装ですと、夕方以降の略礼装であるカクテルドレスになります。

色留袖

色留袖には、五つ紋、三つ紋、一つ紋がありますので、色留袖のなかでも格が変わります。五つ紋付きの色留袖は、黒留袖と同格ですし、三つ紋ですと結婚式などの公式な会、一つ紋では披露宴などの会となります。色留袖は、裾模様ですので落ち着いた雰囲気で格があり、とても重宝するきものです。

男性招待客の準礼装
和装の格

女性招待客の略礼装 色留袖


目次 和装の礼装

ドットライン

→ 前のページへ戻る 次のページへ進む →


新郎の衣装 新婦の衣装 両親・媒酌人の衣装 男性招待客の衣装
女性招待客の衣装 引出物 三三九度 和装の格
ホワイトバック画像ボトム


Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.