花嫁のれん スペース

婚約 婚礼 金沢の風習 包む 結び





ホーム  >  婚礼  >  男性招待客の衣装

ホワイトバック画像トップ

男性招待客の衣装 Formal dress male

人生の晴れの舞台に、ご招待される慶び
その心に、礼装をもって答える
招待客の衣装を、ご紹介致します


挙式・披露宴での招待客の衣装

招待客の衣装の格は、男女とも準礼装です。
ですが一般的に、未婚の女性は「正礼装の振袖」を着用します。
これは間違いではなく、女性のお着物姿は艶やかで美しく、会場が華やぎとても喜ばれます。男性は通常黒いスーツを着ますので、華やかさに欠ける為、女性は見栄えの良いお着物を着られて会場に花を添えるのです。これは新郎新婦やご親族の方に対するとても素敵な心配りです。
ですがメインは新婦である事を忘れずに、華やかでも控えめになるように心がけましょう。


男性招待客の準礼装

男性の準礼装は、五つ紋の色紋付き羽織袴、または三つ紋の色紋付き羽織袴です。五つ紋の場合は、仙台平の縞袴を付けますと正礼装と見なされますので、五つ紋、三つ紋ともに袴は無地の袴です。

洋装の準礼装は、ディレクターズスーツ、タキシード、もしくはブラックスーツに蝶ネクタイです。日本では一般的に「黒」と呼ばれている「いわゆる礼服」に白ネクタイが主流です。ですが「黒」は日本だけの礼装ですので、海外でご出席される場合は、お気を付け下さい。

色紋付き羽織袴

ご自分が主役の場合は、羽二重の比翼を付けられた方が良いですが、招待される側ですので必要はありません。ですが礼装ですので、小物は全て白色で揃えます。

女性招待客の準礼装
和装の格

色紋服(準)


洋装の準礼装

きちんと正装をしたいと思われる方は、昼であればディレクターズスーツ、または昼夜可能なタキシードを着用します。着て行かれれば会場が華やかになりますので喜ばれますが、それ相応の振る舞いをしないと目立ちますのでご注意下さい。

女性招待客の準礼装
和装の格

男性洋装の準礼装



男性招待客の略礼装

通常、挙式や披露宴にご出席される場合に、略礼装はありませんが、ドレスコードが「平服」という場合のみ略礼装での出席になります。
和装の略礼装は、三つ紋、または一つ紋の色紋付き羽織袴になります。ですが、「平服」という意味から考えるならば、「紋無しの羽織袴」になります。

洋装の略礼装は、ビジネスフォーマル、カジュアルパーティーにあたりますので、スーツ、もしくはジャケットにタイ着用の上品なスタイルでという事になります。

いずれの場合も、新郎新婦の趣旨や、披露宴会場にも左右されますので、ドレスコードに「平服」とある場合は、事前に本人達や他の出席者に確認を取って衣装を決められた方が良いでしょう。

色紋付き羽織袴

色紋服には、五つ紋、三つ紋、一つ紋があり、正礼装から準・略礼装になります。
略礼装とすれば、一つ紋にして、小物に色を用いる場合と、無紋の羽織袴に、小物に白を用いて礼装とする場合などがあります。これは当人の「礼装」に対する考え方で異なります。正しい、間違っていると言うものではなく、あくまで「略」ですから何処を略したかで異なるだけです。
三つ紋に、色小物を用いても略礼装となりますので、考え方は多数あります。

女性招待客の略礼装
和装の格

羽織袴(略)

キャラ説明 和装をされる男性の方へ
披露宴に和装で参加したい男性は、注意が必要です。男性の和装には、準礼装で三つ紋という物がありますから、当然紋付き羽織袴で出席されて良いのですが、近年は、新郎より目立たずと言う配慮から、一般の結婚式で同年代であれば着用しない風潮になっています。もちろんこれは、一般的にと言う話であり、和装で行かれても何ら問題はありません。ですが、男性の和装はとても目立ちますので、ある程度の年齢の方か、着なれている方でないと女性陣からの注目に耐えられません。その為には、普段から少しでも着物をお召しになり、着物に慣れる事をお薦め致します。



目次 和装の礼装

ドットライン

→ 前のページへ戻る 次のページへ進む →


新郎の衣装 新婦の衣装 両親・媒酌人の衣装 男性招待客の衣装
女性招待客の衣装 引出物 三三九度 和装の格
ホワイトバック画像ボトム


Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.