花嫁のれん スペース

婚約 婚礼 金沢の風習 包む 結び





ホーム  >  婚礼

ホワイトバック画像トップ

婚礼 Wedding with heart

様々に形を変えて行われる、現代の婚礼
しかし、変わることのない喜びの心と日本の礼装
婚礼や慶事における衣装を中心に、ご紹介致します


ライフスタイルに個性を求める人達が増え、婚礼に関しても色々なスタイルが登場しています。
しかし、普段の事なら何年も掛けて自分達らしいスタイルが作れますが、結婚では始めてのことばかりで、思うようにいかないものです。
スタンダードを踏まえていれば、どの様なスタイルの婚礼も、皆様に祝福される素晴らしい一日を過ごせる事でしょう。
伝統的な婚礼の形と意味を理解され、自分達らしいスタイル作りにお役立て下さい。

婚礼の衣装

「婚礼の衣装は和装で・・」と、言いたい所ですが、女性がウェディングドレスに憧れる気持ちも判ります。結婚と言えば、ウェディングドレスをイメージされる方も多い事でしょう。
一生に一度のことですから、後悔されない為に、憧れのウェディングドレスを着られることをお薦め致します。

しかし、もし当日の婚家へのご挨拶や、ご披露宴でお色直しなどのチャンスがあれば、是非「きもの」をお召しになって下さい。
今まで育った家から、婚家へ嫁ぎ、新しい家庭を二人で築いて行く。
しかし、実際に結婚の準備をされていくと判りますが、結婚には、お互いの家同士が新しく親戚関係を築いていくという側面があります。
「きもの」は、複雑に思えるかもしれませんが、それはそこに「家」としての思いが現れ、相手に対しての「家と自分」を表現するからです。
「きもの」の考え方を理解されれば、「家」という考え方も自然と理解されることでしょう。

挙式・披露宴の礼装

ドレスにも、ウェディングドレスやイブニングドレスなど「TPO」があるように、和装には「格(格式)」というものがあります
婚礼の衣装を、本人、両親・媒酌人、招待客と分けて、それぞれ正礼装、順礼装、正装と、格を合わせてご紹介致します。

新郎の衣装 新郎の衣装
新婦の衣装 新婦の衣装
両親・媒酌人 両親・媒酌人の衣装
招待客の衣装 招待客の衣装

キャラ説明 衣装の格について
「衣装の柄」や「価格」などは特に問題はありませんが、「衣装の格」には細心の注意を払って下さい。「たかが衣装で・・」とご本人様達は思われがちですが、出席者(特にご親族)の方、全員がその様に考える訳ではありません。くれぐれもご注意下さい。


キャラ説明 ドレスコードについて
花婿と花嫁の衣装の格が違ったり、当人達と招待客、また招待客同士の衣装の格に差があると、ご親族にご迷惑を掛けたり、色々と不都合が発生します。衣装の格を下げられる場合は、あらかじめ「こういう服装にする」という事を、招待客の方全員に必ず伝えておきましょう。
パーティーを主催するうえで「ドレスコード」を伝えるという事は、パーティーの出席者に「不快な思いをさせない」為の基本的なルールです。



目次

  • 新郎の衣装
    新郎の結婚式、披露宴での衣装のご説明をしています
  • 新婦の衣装
    新婦の結婚式、披露宴での衣装のご説明をしています
  • 両親・媒酌人の衣装
    両親・媒酌人の結婚式、披露宴での衣装のご説明をしています
  • 男性招待客の衣装
    男性招待客の結婚式、披露宴での衣装のご説明をしています
  • 女性招待客の衣装
    女性招待客の結婚式、披露宴での衣装のご説明をしています
  • 引出物
    披露宴でお出しする引出物についてご説明しています
  • 三三九度
    三三九度についてご説明しています
  • 和装の格
    和装の格付けについて分かり易くご説明しています


ドットライン

次のページへ進む →


新郎の衣装 新婦の衣装 両親・媒酌人の衣装 男性招待客の衣装
女性招待客の衣装 引出物 三三九度 和装の格
ホワイトバック画像ボトム


Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.