花嫁のれん スペース

婚約 婚礼 金沢の風習 包む 結び





ホーム  >  婚約  >  結納

ホワイトバック画像トップ

結納 Betrothal ceremony

結納は、日本における美しい婚約のカタチです
様々な婚約のカタチがありますが、大切なことは一体何でしょう
素晴らしいご結婚に向けて、色々な経験をしていきます
婚約と結納の持つ意味の違いをお考え下さい


結納は両家が親戚関係を結ぶ儀式

結納には、両家が共に、酒と肴をとるという「結い」という意味や、結婚を申し込むという「言い納れ」という意味があると言われています。
結納には、何かと馬鹿らしい決め事がありますが、なぜそうなのかを理解していけば、よりスムーズに行う事が出来るでしょう。

結納のはじまり

結納 古来、人手というものは大変な財産であり、働き手でした。結婚をすることで働き手を頂くのですから、嫁側の家は、大切な働き手を失う事になります。その負担を補う為に、まずは婿が嫁側に婿として入り、労働をして嫁側の家計の負担を無くしてから、改めて、嫁に来てもらうというのが日本人の考え方でした。
しかし、婿側の方も大切な働きでを短期間とはいえ、失う事になってしまうという事から、次第に労働をする変わりに対価を納める形になりました。
こうして現在の形になった結納は、娘を嫁がせる家への誠意から始まっています。結婚式は対外的に行うセレモニーですが、結納は内々で行う挨拶のセレモニーです。


結納の行い方

結納とは、仲人が両家の間を行き来して、結納品の取り交わしを行います。
地方や、流派により変わりますが基本的には、大安、先勝、友引などの午前中に、仲人夫妻が男性宅から結納品を女性宅に届け、女性宅から結納品の受書と結納品を受け取り、男性宅に持ち帰り結納品の受書を女性宅へ届けて終了となります。
どういう結納を取り行うのかは、仲人とお互いの家同士で先に取り決めます。

仲人夫妻を立てる結納、仲人を立てずに本人とご両親で行う結納、新郎だけが新婦家で行う結納、会場を借りて行う結納等々、結納のカタチは様々です。
仲人を立てる場合は、あまり簡略できませんが、仲人を立てない場合でしたらお互いのご家族の都合に合わせた結納を行えばよいでしょう。「結納はこうしなければ行けない」と堅苦しく考えるより、お互いのご家族が親しくなれる結納を考えても良いでしょう。

キャラ説明 仲人の選び方
仲人は親族以外の方で、学校の恩師や、男性の職場の上司、プライベートで尊敬される方などにお願いします。両家をつなぐ重要な使者ですので、無事に取り行うことが出来る責任感のある真面目な方にお願いをします。



結納の一般的な流れ

仲人夫妻が到着されて、簡単にご挨拶されましたら、結納が無事終了するまでは世間話などの無駄話は一切せず、口上以外は話をしてはいけません。
あわてて行う必要はありませんが、仲人が相手方との間を短時間で往復できるように、無駄に引き留めることなく、迅速に行わなければいけません。

仲人 → 男性宅へ

男性宅
仲人夫妻(正式には仲人以外の使者)が見えたら、座敷の上座に案内し、桜湯をお出しします。仲人夫妻に挨拶をし、全員が席についたところで結納を始めます。

仲人
「本日はお日柄も良く、誠におめでとう御座います。これより結納を執り行わせて頂きます。」


「本日はご多忙中の所、結納のお世話を頂きまして、誠に有難う御座います。印ばかりの結納で御座いますが、〜様へお届けのほど、宜しくお願い申し上げます。」
床の間の結納品を、正面を向けて仲人の前に置きます。

仲人
「畏まりました。ふつつかでは御座いますが、結納の使いと致しまして確かにお預かり致しました。只今よりお届けに参らせて頂きます。」
結納品に袱紗を掛け(または風呂敷に包み)女性宅へ向かいます。


仲人 → 女性宅へ

女性宅
仲人夫妻が到着されたら、床の間の上座へ案内し、茶菓子をお出しします。全員が揃われたところで、仲人は結納品を一旦自分側で飾り付けをしてから、新婦側へ正面を向けて差し出します。

仲人
「この度はお嬢様と〜様とのご縁談が整いまして誠におめでとう御座います。〜様からの結納をお納め願いたく持参致しました。幾久しくお納め下さい。」


「この度はあなた様のお骨折りによりまして、御陰様で縁談が調い有難う御座います。本日はご丁寧に結納のお届けに預かりまして恐れ入ります。幾久しくお受け致します。」
結納品を受け床の間に飾ります。その後、席に戻り


「印ばかりの結納で御座いますが、〜様へお届けのほど、宜しくお願い申し上げます。」
床の間に飾ってあった女性側よりの結納品を、仲人の前に正面を向けて並べます。

仲人
「畏まりました。ふつつかでは御座いますが、結納の使いと致しまして確かにお預かり致しました。〜様へお届けに参らせて頂きます。」

一旦床の間に飾った男性側よりの結納品を下げ、中を確認し、受書を書きます。


「只今お受け致しました結納の受書で御座います。どうか宜しくお願いします。」
受書を片木盆に載せて、仲人に渡します。仲人は、結納品と受書を持ち、男性宅へ向かいます。


仲人 → 男性宅へ

男性宅
仲人夫妻を座敷の上座へ迎え、

仲人
「只今、結納を滞りなく納めて参りました。これは〜様より預かって参りました受書で御座います。」
片木盆に載せた受書を渡します。


「確かに頂戴致しました。有難う御座います。」

仲人
「こちらは〜様よりお預かりして参りました結納で御座います。幾久しくお納め下さい。」
女性側よりの結納品を男性側に正面を向けて差し出します。


「有難う御座います。幾久しくお受け致します。本日はあなた様のお骨折りによりまして、縁談が整い、誠に有難う御座います。」
結納品を受け取り、中を確認し、受書を書き、結納品を床の間に飾ります。


「これは只今お受け致しました受書で御座います。宜しくお願い申し上げます。」
受け書を仲人に渡し、仲人夫妻は女性宅に向かいます。玄関にて見送る際に、水引を掛けた酒肴料をお渡しします。


仲人 → 女性宅へ

女性宅
仲人夫妻を床の間の上座へ案内し、全員が揃われたところで、

仲人
〜様からの受書で御座います。お納め下さい。」


「確かにお受け致しました。本日は誠に有難う御座いました。ささやかながら酒肴のご用意が御座いますので、どうぞおくつろぎ下さい。」
酒と仕出しなどの祝い善にておもてなしを行い、結納は終了致します。


キャラ説明 話し合うことが大切
まずは、お二人共に結納の基本を知りましょう。その上で自分達で話し合って下さい。おのずと自分達の結納のカタチが見えてきます。これを面倒がると、あとあと両家に大きなひずみを生む事になるかもしれません。
「面倒だからいい。」と言わずに、きちんと両親とも話し合いましょう。


ドットライン

→ 前のページへ戻る 次のページへ進む →


結納 結納品 結納品の名称 日取り 六曜
ホワイトバック画像ボトム


Copyright © 花嫁のれん HanayomeNoren.net 2012 All Rights Reserved.